宮戸弁天

古くから伯耆一ノ宮の七弁天と称して付近の水辺7カ所に弁天さんがまつられていたといわれる。宮戸弁天もそのひとつで、現在ほこらがのこっているのはここだけとなっている。もとは、一ノ宮倭文神社の御祭神である下照姫が魚釣りを楽しまれたところと伝えられている。今は埋め立てられて陸続きになった。
住所 〒689-0707 鳥取県東伯郡湯梨浜町宮内
料金 無料
問い合わせ先
アクセス方法 松崎駅から車で8分
観光に適した時期
時間
定休日
注意事項

地図