コロナ禍で増える地方移住⑩

2021年2月16日

こんにちは。

湯梨浜まちづくり株式会社 移住コーディネーターです。

新型コロナウイルスの感染拡大により 都会から地方へ移住を検討される方が増えています。私たちは 鳥取県外から 湯梨浜町へ 移住を検討していらっしゃる方の サポートをさせて頂いております。少しでも 湯梨浜町の生活に関して知っていただき、仕事や暮らしをイメージしていただくために 地方移住について特集しています。   今回は、移住の住宅情報・支援制度についてご紹介します。

移住定住者向けの住宅に関する支援制度

①空き家物件情報

空き家情報バンクを設置し、移住定住希望者に情報提供する。また、空き家登録があれば宅建協会の協力を得て物件の調査とあっ旋を行う。

空き家情報→https://www.yurihama.jp/soshiki/3/1549.html

②住宅補助

▶空き家改修費助成

移住定住希望者に空き家を提供する人に対し、改修費の一部を助成(限度額:移住者が県外者50万円・移住者が町外者25万円)

▶田舎暮らし体験施設整備費助成

民間事業者等が移住定住希望者向けに田舎暮らし体験施設を整備する費用に対して助成(限度額:100万円)

▶移住定住者住宅整備費助成

県外からの移住定住希望者が、町内の土地に住宅を整備する費用や改修する費用に対して助成(【新築・購入】限度額:100万円。ただし、土地開発公社の分譲地に住宅を整備する場合は限度額:200万円 【改修】限度額:50万円)

▶若者夫婦・子育て世代への住宅取得費助成

どちらかが35歳以下の夫婦、または中学生以下の子ども2人以上養育する世帯が行う住宅取得費用の一部を助成。(限度額:国の規定する中山間地域60万円。その他50万円。ただし、土地開発公社の分譲地に住宅を整備する場合は限度額:100万円)

▶三世代同居世帯等住宅整備費助成

新たに三世代同居等を目的として住宅の新築、購入、増改築及びリフォームする費用に対して助成(限度額:50万円)

▶移住定住者家賃助成

県外からの移住定住者が、町内の賃貸住宅に入居する場合、家賃に対して助成(限度額:年12万円)

▶住宅等取得仲介手数料助成

住宅の購入や住宅用地の取得に要した仲介手数料の一部を助成(限度額:13万円)

高齢者住宅整備補助(限度額53万3千円)及び障がい者住宅整備補助(限度額66万6千円)を実施。

 

③住宅耐震化助成

住宅の耐震化費用に対して助成(耐震診断:無料もしくは限度額58,667円、耐震設計:限度額16万円、耐震改修:限度額100万円)

④住宅支援

旧雇用促進住宅を町営住宅(はわい長瀬団地)として有効活用し、若者の定住を促進。

⑤住宅譲渡

※それぞれの補助制度・助成制度には、交付に際して要件があります。

 

支援・制度・補助に関して→湯梨浜町移住定住ガイドブック2020 鳥取県湯梨浜町

詳しくは https://www.yurihama.jp/uploaded/attachment/9481.pdf

 

湯梨浜町 移住定住 『きっと気に入る湯梨浜暮らし』https://www.yurihama.jp/soshiki/7/6244.html

湯梨浜町ではオンライン移住相談を受け付けています。子育て、住まい、お仕事、環境についてなどのお問い合わせにお答えします。日中、お勤めなどで時間が取れない方のためにナイター移住相談会を開催します。3月3・4日 17時15分~20:15で受け付けております。

移住を検討していらっしゃる方、ぜひご参加をお待ちしています。

湯梨浜まちづくり株式会社 TEL:0858-48-6210

メール:ijyuteijyu.yurihamamachidukuri@gmail.com