【移住者インタビュー第3弾】松崎ゼミナール 中森 圭二郎 さん ~Vol.1~

2020年7月15日

\ 移住者インタビュー第3弾は  松崎ゼミナール  中森 圭二郎 さんです! /

 

2015年に東京から湯梨浜町へ移住。
現在、学習塾 松崎ゼミナールを開校し、自らも講師として指導されています。
また「とっとり暮らしアドバイザー」として、移住者さんや、移住検討者さんのサポーターとして、活躍されています。

 

 

中森さんの移住ストーリー

Q 移住への経緯を教えてください!

移住前は東京で、映像関係の仕事をしていました。
2013年の夏、趣味のドキュメンタリー撮影のため湯梨浜町(松崎地区)へ2週間滞在し、その時に地域や人々に親しみを覚えました。翌年の冬も再度撮影のために来町し、その後、何度も湯梨浜町へ足を運ぶ度、移住への気持ちが大きくなりました。2015年、湯梨浜町へ移住してきていた知り合いから空き家を紹介され、移住を決意!
その後、連れ合いの転職のタイミングで仕事と住まいが決定し、移住へ至りました!

 

中森さんの一日のスケジュール

6:30      起床
7:30      朝食
8:30  お子さんをこども園へ送る
9:00  仕事
12:00   昼食・休憩
16:00   夕飯づくり
17:00   夕食
17:30  お子さんのお迎え
18:30  学習塾で指導
22:00  学習塾業務終了

 

 

ご夫婦で家事分担をされ、自身の学習塾の講師も務める、ステキな男性であり、お父さん。朝早くから、夜遅くまで働かれているので、一日がとても長いという印象でした。vol.2では、いろいろと質問してみましたので、ご紹介いたします。

Vol.2へつづく・・・