【移住者インタビュー第2弾】樋口農園 樋口 浩司さん ~Vol. 2~

2020年6月12日

\Vol.2 樋口さんへ12の質問/

Q1.移住に際して不安だったこと、準備しておけばよかったことは?
何の迷いもありませんでした!
移住する18年前から、リフレッシュや休暇を楽しみがてら、下見にきていました。
Q2.移住してからの湯梨浜のイメージ
変わらない。海・山・空気がきれいで、温泉があって良い。移住してよかった!
Q3.どのようにして地域にとけ込んだか?
商工会の方が、作った加工品などを宣伝してくださったお陰で、
知られるようになりました。
Q4.地域の方との人間関係は?
良好!移住して間もない頃に、JAの方とたくさん知り合い、つながりが出来ました。
周辺住民があたたかく、助け合って生活しています。

樋口さんの作ったメロンアイスといちご

Q5.移住してよかったこと
好きなことを仕事にできているため、ノンストレス!
鳥の声や波の音を聴きながらの作業でリラックスしています。
Q6.移住して大変だったこと
無し!!雪も大好き!
Q7.移住後の生活の変化
長距離トラック運転手時代とは異なり、布団で寝られる!
健康的な生活変わりました。空気がきれいなので、風邪を引きにくくなりました!
Q8.湯梨浜町の魅力
温泉ありグルメあり!信号も少なく、渋滞もない。
Q9 お気に入りの場所
滝・海の水辺。(不動滝・潮風の丘とまり)
Q10 これから、湯梨浜町でどう暮らしたいか?
現状維持ですかね。
強いて言えば、ビニールハウスの棟数を増やしたいですね。
宝くじが当たればアパート経営かな(笑) 

Q11 利用した制度・助かった制度
こちらで就農する際の補助等は一切使っていません。
この度のコロナウイルス感染症対策における給付金は助かりました!
今後は事業者への救済金を申請予定です。

Q12 移住を考えている方へメッセージ
生計を立てていけるような職を考えてきてください。手に職があるとよいですね!
その上で、補助を利用するのが最善ですね。
就農であれば、地域の特産品を作るのがいちばんです!
申請許可が下りやすいですからね。
あとは、ある程度まとまった資金(預金)があるとよいですね。

不動滝と潮風の丘とまり

 

 

 

 

 

自然が大好き、アウトドア大好きの樋口さん。メロンやイチゴのハウスから作業場まで、すべてご自分で建設されています。果実の受粉にはミツバチの力を借りて、ミツバチや食べられる方の健康を考え、農薬を極力使わない!樋口さんのこだわりとやさしさに包まれた樋口農園です。インタビュー中も微笑みを絶やさない樋口さんでした!