湯梨浜町ってどんなところ?

鳥取県中部に位置する湯梨浜町には、東郷湖から湧き出る温泉、大地がはぐくむ果実、そして日本海に広がる白 い砂浜があります。悠々たる時間が流れ、懐かしい気持ちになる町です。

湯梨浜MAP
泊エリア

泊エリアイメージ1 日本海を眺望できる潮風の丘(恐竜の里)からわずか5分で、広い砂浜に出会えます!

泊エリアイメージ2 潮風の丘でグラウンドゴルフ、海でマリーンスポーツを楽しみましょう。

一覧をみる
羽合エリア

羽合エリアイメージ1 東郷湖から日本海に広がる平地に、農業地域と住居地域が折り合いをつけている生活環境です。

羽合エリアイメージ2 東郷湖底から湧き出すかけ流し湯のはわい温泉と東郷湖周遊ウォーキングをご堪能ください。

一覧をみる
東郷エリア

東郷エリアイメージ1 二十世紀梨で有名な東郷エリアには、山麓に点在する果実園や伯耆一ノ宮神社、今滝と不動の滝、

東郷エリアイメージ2 東郷温泉と東郷湖に没する美しい夕陽が見える松崎地区など、このエリアには見所満載。

一覧をみる

移住をお考えの方へ

2021年4月20日 こんにちは。 湯梨浜まちづくり株式会社 移住コーディネーターです。...
2021年3月22日 鳥取県内で新たに農業を始めてみようと考えている方を対象に、就農までのステップや農業を始めるにあたって...
2021年3月15日 新型コロナウイルスの感染拡大で企業のテレワーク導入が広がったことなどで東京都からの転出者が転入者を上...
2021年2月24日 鳥取県のふるさと人口政策課によると、月刊誌「田舎暮らしの本」の2021年住みたい田舎ベストランキング...

支援制度

仕事について

仕事の情報・支援制度

就農・起業・漁業・就職の支援、情報についてはこちらから

就農・起業支援
漁業支援

移住支援について

住宅情報・支援制度

都市部に比べて住居費が安価なのも田舎暮らしの利点です。
湯梨浜町では、空き家情報バンクや補助金の交付で、この町での住宅取得を支援しています。

住宅情報・支援制度はこちらから >>

※役場HPへ移動します
【問い合わせ先】みらい創造室 TEL:0858-35-5313

住宅支援

子育てについて

応援します この町で子育て

湯梨浜町は子育て支援制度が充実。
相談・支援のワンストップ拠点となる子育て世代包括支援センターを設置し、
妊娠・出産から入学まで切れ目のない支援を目指しています。

子育て支援制度や保育園について >>

※役場HPへ移動します
【問い合わせ先】子育て支援課 TEL:0858-35-5324

子育て支援

移住相談窓口

湯梨浜まちづくり株式会社
鳥取県東伯郡湯梨浜町龍島500番地 湯梨浜町役場東郷支所2階A室
電話番号 0858-48-6210
FAX番号 0858-48-6211
MAIL ijyuteijyu.yurihamamachidukuri@gmail.com
湯梨浜町役場 みらい創造室
鳥取県東伯郡湯梨浜町大字久留19-1
電話番号 0858-35-5313
FAX番号 0858-35-3697
MAIL ymirai@yurihama.jp
ふるさと鳥取県定住機構
【鳥取】鳥取市扇町115-1 鳥取駅前第1生命ビル1階
【大阪】大阪府大阪市北区梅田1-1-3-2200 大阪駅前第3ビル22階
【東京】東京都港区新橋1丁目11番7号 とっとり・おかやま新橋館2階
電話番号 0120-841-558
※かける地域によって、鳥取・大阪・東京
につながります。
生涯活躍ポータル「カラフル」
東京都千代田区大手町2-6-2 JOB HUB SQUARE 3階
「地方創生ラウンジ」内
電話番号 03-6634-9975
MAIL colorful@pasona.co.jp
開所時間 10:00〜19:00 火〜土 オープン
(日・月・祝・年末年始 休)
URL https://www.kanmin-renkei.jp/colorful

メールにてご相談

お試し住宅・ボランティア制度のほか、ご不明な点などがございましたら、お気軽にお問合せ下さい。

お名前必須
ふりがな
ご住所
生年月日必須
電話番号必須
メールアドレス必須
件名必須
移住相談支援制度お試し住宅ボランティア制度その他
お問合せ内容必須
ご要望、ご質問がありましたら
記入してください。

記入内容等にお間違いがないか再度ご確認いただき、送信ボタンを押してください。 三日以内に担当者よりご連絡いたします。

先輩移住者のこえ

 
中森さん
中森圭二郎さん

平成27年春に湯梨浜町松崎地区に移住してきました。もともと、趣味のドキュメンタリー映像制作のためにこちらを訪れたことがきっかけでした。

まちの方々が、商売だけでなくさまざまな地域行事や三八市(松崎の朝市)などで地元を盛り上げている様子を目にして、同世代の移住者とともに、実際の地域の中で生活することの大切さを日々感じています。

現在は中高生向けの学習塾「松崎ゼミナール」を運営しつつ、町の人にも楽しんでもらえるような映画の上映会などを企画しています。
また、家族も増え、改めて家族の時間についても考えるようになりました。そういった暮らしの様子を相談会やセミナーでお話しできればと思います。移住を考える皆さんのお役に立てれば幸いです。

松崎ゼミナール http://matsuzakiseminar.com/